お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

◆ ニコモ時代

主にかっこいい系のファッションやキャラで同世代の読者の支持を受けていた。
ボーイズ系カジュアルの他にもいろいろな洋服を着こなすことでも読者の憧れであった。
私服では自身の父のジーパン(大きめでダメージが強い)を愛用して「パパカジ(パパのカジュアル)」という新しいファッション用語を同誌で流行らせた。
市松模様にはまっていた。
ニコモを卒業した今でも、ニコラに載る事がある。

イラストを描くのが得意。
高校卒業後は、今住んでいる事務所の寮を出て、一人暮らしを始める事になっている。

◆ テレビ

Sh15uya(2005年、テレビ朝日) - エマ 役
ドラゴン桜(2005年、TBS) - 香坂よしの 役
あらすじ
元暴走族の三流弁護士・桜木建二(さくらぎ けんじ)が自分の業績を上げるため、破産管財人になった平均偏差値36、大学進学率2%の落ちこぼれ普通科高校、私立龍山高等学校を、このまま破産させるより毎年100人以上の東大合格者を出す日本一のエリート校に生まれ変わらせた方が、自分の名前を世に売り出すことが出来ると考え、取り組むストーリーである。

桜木は学校の経営状態を良くするためには進学実績、それも東大の合格者数を上げるのが手っ取り早いと考え、落ちこぼれ生徒を東京大学に合格させるために特進クラスを開設。そこに以前から受験指導に大きな実績を上げつつも、いろいろな事情で表舞台から消えていた個性溢れる教師を集める。一方で元々同校に在籍していた教師に対しては大規模なリストラを実施したため、当然のごとく教師からは反発する声が挙がる。果たして建二の思惑通り、落ちこぼれは東大に合格し、同校は立ち直ることができるのか…?

  第1話 「バカとブスこそ東大へ行け」 2005年7月8日 17.5%
  第2話 「自分の弱さを知れ!」 2005年7月15日 16.5%
  第3話 「遊べ!受験はスポーツだ!」 2005年7月22日 13.8%
  第4話 「壁にぶつかるまで我慢しろ」 2005年7月29日 16.1%
  第5話 「泣くな!お前の人生だ!」 2005年8月5日 16.8%
  第6話 「英語対決!勝負だバカ6人」 2005年8月12日 17.9%
  第7話 「見返してやる!東大模試」 2005年8月19日 15.6%
  第8話 「バカの涙…夏休み課外授業」 2005年8月26日 17.0%
  第9話 「信じろ!成績は必ず上がる」 2005年9月2日 14.5%
  第10話 「友情か受験か?最後の決断」 2005年9月9日 14.5%
  最終話 「お前らはもうバカじゃない!運命の合格発表!」 2005年9月16日 20.3%
この後は花より男子が放送されてます。

女の一代記 第2夜 越路吹雪(2005年、フジテレビ) - 越路吹雪(少女時代) 役
P&Gパンテーンドラマスペシャル トゥルーラブ(2006年、フジテレビ)
EX21世紀新人シナリオ大賞 彼女の恋文(2006年、テレビ朝日) - 川村ゆかり 役
デジモンセイバーズ(2006年4月2日 - 、フジテレビ) - 声の出演・藤枝淑乃 役
ギャルサー(2006年、日本テレビ) - ナギサ 役(エンゼルハート黒組幹部)
マイ★ボス マイ★ヒーロー(2006年、日本テレビ) - 梅村ひかり 役

落ち着いた雰囲気のある人に強く憧れており、2006年の目標は「精神年齢を5歳以上上げること」と語っている。

CM

大王製紙、エリエール 「失恋」篇(2003年)
明治製菓 明治チョコレート 「私のレシピ バレンタイン」篇 大沢あかね、夏帆らと共演 (2005年)
JT セノビー 「間接キス」篇(2005年)
NTT東日本 企業
「あたりまえ」を、もっと、ずっと。
「全国一律」篇(2005年)
「上京」篇(2005年)
「保守」篇(2006年)
「雨の日」篇(2006年)
P&G パンテーン 「トゥルーラブ」番宣連動CM(2006年)
チバビジョン、DAILIES AQUA 「瞳の天国」篇(2006年2月25日 - )
NTT東日本 企業
「光で、安心を、もっと。」
「子供の安心」篇(2006年)
「実習生ユイの想い」篇(2006年)
「災害対策」篇(2006年)
「家政科学生ユイの想い」篇(2006年)
江崎グリコ
ポッキー極細 「はじける極細」篇(2006年10月3日-)
ポッキーチョコレート 「Dance Dance」篇(2006年11月1日-)
リクルート
タウンワーク
「釘」篇(2006年11月22日-)
「ぽんぽこ」篇(2006年11月22日-)
「ぽよよん+お世辞」篇(2006年11月22日-)
「はじめて」篇(2006年11月22日-)
「コマンタレブ」篇(2006年12月-)
「新垣です」篇(2006年12月-)
「どうして来たんだい」篇(2006年12月-)
日本赤十字社「はたちの献血キャンペーン」(2007年1月- 例年はその年度に成人式を迎えるタレントが務めており新垣は鈴木杏と共に異例)

◆ 映画

超劇場版ケロロ軍曹(2006年) - 声の出演・ミララ 役
ワルボロ(2007年) - 山田規久子 役
恋するマドリ(2007年)

中学生のとき1ヶ月だけバドミントン部に所属していた。

◆ バラエティ

Parky Party(2003年、テレビ東京)
ニコモノ!(2004年、テレビ大阪) - レギュラー
考えるヒト(2004年、フジテレビ)
平成教育2005予備校(2005年、フジテレビ) - 隔週レギュラー
落下女(2005年-2006年3月、日本テレビ) - レギュラー。2006年にバップからDVD発売
恋するハニカミ!(2006年、TBS) - 小出恵介と共演
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(2006年、テレビ朝日)
クイズ!ヘキサゴンII(2006年、フジテレビ)
Matthew's Best Hit UV(2006年、テレビ朝日)

アイスが好きで冬でも食べる。また牛乳も大好きでピザやラーメンを食べているときにも飲む(本人談)。嫌いな食べ物は寿司、鰻でお金がかからないねとよく言われる(本人談)。

◆ ラジオ番組

SCHOOL OF LOCK!(2006年10月より、FM東京)内 GIRLS LOCKS! 毎月第1週目月〜木曜日担当
全国高等学校サッカー選手権大会 第85回大会応援マネージャー

普段、機敏な動きはしないらしく友達からは「手を肩から上にあげない」と言われるほどで、ポッキーCMでのダンスは自分の体じゃないみたいで気持ち悪かったとインタビューで語っている。
漫画が大好き。特に「ラブ★コン」にハマっている。

◆ 広告モデル

グンゼ、ピエクレール(2002年)
タカラ、Sweet Bambini(2004年)
新宿サブナード(2004年)
平成18年度春の火災予防運動用防火ポスター(2006年3月1日-2006年3月7日)

新垣結衣さんは中学校時代の友達には「ゆいぼ」などと呼ばれていて、HY、Coccoのファンです。
新垣結衣さんはニコモ元メンバーですが、ニコラは、新潮社が毎月1日に発行するファッション雑誌で、1997年創刊しました。ニコラの公称月間発行部数は約22万部もあるそうです。小学校高学年から中学生までの女の子が読んでるみたいです。同じ世代に大きな影響を持っています。ニコラに登場するモデルはニコモと呼ばれます。2006年7月からは「269g」との提携によるブログ「ニコ★ログ」を開設し、ニコモ達の書いた日記を公開。2006年11月30日からはコメントの書き込みが行えるようになったようだよ。ニコモを卒業した今でも、ニコラに載る事があるんだよ。

◆ ビデオ・DVD

nicolaビデオ(2002年、エイベックス)
新垣結衣 firstDVD & UMD シャンユイ(相遇)(2006年5月17日)

3人姉妹の末っ子で子どもの頃はシャイガールだったそうで、今でも人見知りをしちゃいますって言ってるようです。趣味のカラオケを歌うのも恥ずかしそうなのかな?。そして注射が大の苦手で風邪をひいて高熱でも薬でなんとかするんでしょうね。風邪を引かない健康な体はやっぱり食事が大事ですが、得意料理はゴーヤーチャンプルーで、バラエティ番組『恋するハニカミ!』に出演した際、小出恵介にふるまったり、NTT東日本のCM「家政科学生ユイの想い」でもその腕前を披露している。 けっこうな腕前のようです。

◆ 写真集

ガッキーブック(2004年、新潮社) - nicola別冊
ちゅら☆ちゅら(2006年、集英社) - 1st水着写真集
まっしろ(2007年、小学館) − 2nd写真集

グラビアアイドルとしては主に少年誌の雑誌グラビアで活動していたが、2006年3月3日には1st写真集『ちゅら☆ちゅら』が、5月17日にはイメージビデオ『シャンユイ』が発売された。『ちゅら☆ちゅら』の発売にあたって3月5日12時から福家書店銀座店にて開催されたサイン本発売&握手会には1500人近くが来場、同店におけるイベントとしてはプロ野球監督の長嶋茂雄以来という盛況を博した。ちなみにタイトルの「ちゅら」は琉球語で「美しい」という意味を持っています。

◆ 雑誌

ニコラ(2001年10月 - 2005年6月、新潮社) - 元レギュラー
別冊フレンド(講談社) - 連載中
Kindai(近代映画社)
non-no(集英社)
MEN'S NON-NO(集英社)
junie(扶桑社)
ヤングジャンプ 2004年10月28日号(集英社) - 表紙
アップトゥボーイ 2004年12月号(ワニブックス) - 表紙
週刊プレイボーイ(集英社)
サイゾー(インフォバーン)
SPA!(扶桑社)
ピコモ(千趣会カタログ)

新垣結衣さんは自分を呼ぶときその呼び方が度々変わっちゃうそうです。基本的には「私」だけど、自身が書く日記の中でも「僕」「ゆいぼ」「ユイ」「新垣」「ガッキー」「ガッちゃん」など様々な表現で楽しませてくれます。でも沖縄では「私」と使う人は学年に2人位しかいないと本人が言ってます。新垣結衣さんは暖かい沖縄出身ですが暑さには弱いそうです。ちょっとあこがれの沖縄にいつか住んでみたいな?